本文へスキップ

大麦若葉 青汁

Barley Grass大麦若葉の青汁

大麦若葉 青汁

大麦若葉の青汁は何に効果があるのか?

大麦若葉で毎日元気大麦若葉の青汁を飲むようになってから、熟睡できるようになった、という声が聞こえてきます。

青汁は健康食品の代表選手。毎日の青汁により体の調子が整えられ、熟睡ができる人もいるようです。

さて、青汁の原料となる「大麦若葉」とは、どのような野菜なのでしょうか。

日本では稲作農業がはじまった三世紀ごろから栽培がされていたとされる「大麦若葉」。 現在の日本人の主食はコメですが、美味しいコメを作るためにはさまざまな品種改良や調理法の考案がなされてきた歴史があります。

コメの栽培がはじまった昔には、まだまだ今のような美味しいコメではなかったようです。そのために大麦など他の穀物類も広く食べられていたそうです。

当時はもっぱら穀物としての大麦栽培がメインで、実の部分が料理に用いられていました。

コメと同様に栄養価が高く食べやすい大麦について近年研究がなされた結果、実が成る以前の若い健康な葉の部分にも豊富な栄養素が含まれていることが分かってきました。

そして、生活習慣病や成人病のリスクを高める野菜不足の食生活を送る現代人にとって、有効成分の多い野菜として注目されるようになってきたことで、健康食品の代名詞とも言われる「青汁」に多く使われる定番の野菜となったのです。

大麦若葉の栄養素

大麦若葉の栄養素大麦若葉には多様な栄養素がありますが、特に着目したい成分は、「食物繊維」「カルシウム」「葉酸」の三つです。

これらは普段の食事で摂取するのが難しい栄養素としても知られています。

→ 食物繊維
大麦若葉の「食物繊維」は、一般的に含有量が高いとされているキャベツに換算すると、十個から十五個分に相当するとも言われています。食物繊維は腸内の健康維持に役立つ栄養素です。

→ カルシウム
「カルシウム」は市販の牛乳に比べるとはるかに含有量が多く、骨や歯の健康に欠かせない栄養素ですから、成長期の子供たちにも嬉しい野菜と評価が高まっているようです。

→ 葉酸
「葉酸」は芽キャベツやブロッコリーに多く含まれる栄養素ですが、火を通すと壊れてしまうという特性を持ちます。大麦若葉の葉酸含有量はブロッコリーの五倍とも言われ、その栄養素を生のまま粉末加工した青汁では有効成分を損なうことなく摂取することができるのです。



informationお知らせ

  • 「腰痛」や「アトピー」で眠れないというあなたへ
    あなたは、腰痛で熟睡できない、安眠できないとお悩みではないでしょうか?
    特に腰痛は日本人の国民病と言っても良いほど多くの方が苦しんでいる病気です。
    体内からカラダのバランスを整えて安眠に導くのが青汁とすると、体の外部から働きかけて安眠に導くのが、敷布団や枕などの寝具です。
    そこでご紹介したいのが、
    腰痛に苦しむ方やアトピーで悩む方に絶賛されている敷布団「雲のやすらぎ」です。詳しくは雲のやすらぎのご紹介サイトで。